常務インタビュー

VAN 2017秋冬 シーズンテーマ「FUNCTIONALITY CLOTHING」とは?

HOT ITEM

HOT ITEM

SJ-TOP

梅雨を乗り切る機能性アウター

SUMMERTOPS-TOP

HERE COMES SUMMER TOPS 夏に役立つサマートップス

MADRAS18-3-TOP

MADE IN INDIA EMBROIDERY SERIES

NEWS

osaka-1

大阪府北部地震に伴う配送遅延のお知らせ

0601-TOP2

6月1日より70th Anniversary Special Thanks Fair開催!

umedapopup-TOP

大丸梅田店1Fにて期間限定ストアオープン!!

STYLE

BD-TOP

BUTTON DOWN SHIRT

VAN 2017秋冬 シーズンテーマ「FUNCTIONALITY CLOTHING」とは?

HOT ITEM

今シーズンのテーマは「FUNCTIONALITY CLOTHING」

VANは1950年代よりアメリカンカルチャーを取り入れ日本独自のトラディショナルスタイルを創り上げメンズスタイルとライフスタイルの文化を築いた日本のトラッドのイノベーター。日本のトラッドブランドとしてアメリカンカジュアルを提案し続けるVANが今季、注目したのは「機能性」。

今回はVAN ブランドディレクターの山口に今シーズンのテーマや拘ったポイントなどをインタビュー形式にて行いました。

  • 1

「FUNCTIONALITY CLOTHING」というテーマで「機能性」に注目した理由とは?

現在は情報があふれていて常にインターネットを通じてなんでも知りたい事が調べられる時代です。自分の知りたい情報をピンポイントで収集する事が容易になり、そこから自分の趣味などに拘った「ライフスタイル」に注目が
集まっています。今、人々が重要視しているのは「洋服を着る」という事ではなく、「洋服を着てどこにいくのか、何をするのか」という事。
VANが昔から提案し続けているのは、「ファッションとは外見を着飾る事ではなく、自分らしく生きる事。」「洋服を着る」という事は【自分らしく生きる】為の手段の一つです。
そしてトラッドアイテムはアクティブに動き回る為に作られている洋服ではありません。着用時のストレスを素材面、機能面で解消してあげることで
私たちの「スタンダード(定番)」と呼ばれるトラッドをもっと生活に密着させたライフスタイルウェアに昇華させたかったというところから、「現代の機能性」を融合させた洋服作りを始めました。

今シーズンの中で最も拘ったアイテムは?

いわゆる「紺ブレ」と呼ばれるメタル釦を使用したフランネルのブレザーです。胸パッチポケット、フラップポケット、フックベントなど伝統的なディティールに加え、
無駄なゆとりはなくしたサイジングに調整しました。そして様々なシチュエーションに対応できるようメタルボタンと練ボタンを付け替えられるようチェンジボタンを用意しています。
ブレザーの内側にはファスナー付きのアクセサリーポケットを付け、替えボタンやエンブレムも収納できるようにしています。ビジネスにも使えてオフでも着られるTPOに対応できるブレザーです。

  • 2

ナイロン混ウール素材のフランネル生地を使用し細い紡毛糸を密に織り込んだシルキーなタッチが特長。

  • 3

こちらのブレザーは同じく、チェンジボタンが付属されアクセサリーポケットも用意されています。紹介したフランネル素材ではなくウールを使用した秋に最適なナチュラルストレッチ素材。そのためエンブレムはつかないシンプルなブレザー。

4

2017FW LOOKBOOKはコチラ!

LATEST UPDATE・Check it!・